ワイヤーインジェクター
プラスドライバー


\2500

スプレー式パーツクリーナー スプレー式グリス



 定期的な掃除と給油を怠るとアクセルがだんだん重くなります。重くなると引っかかりなどもでてくるため 正確なアクセルコントロールがしづらくなります。定期的に給油しましょう。 このやり方できちんとメンテすればメンテサイクルは半年毎で十分です。



 右ハンドルのスイッチボックス(黒いスタータボタンと赤いキルスイッチがついている部分)の裏側を見ると写真のようにねじがあります。 これをプラスドライバーで緩めます。グリップから伸びてるコードはグリップヒーターのものなので通常ついてません。

 ここからは写真なしですが、ねじを外すとスイッチボックスが上下に割れます。 中を見るとアクセルワイヤーのタイコがアクセルグリップにホールドされてますので、それを外すとワイヤーがフリーになります。 グリップとボックス、ワイヤーの位置関係は後で組むときに困らないようよく覚えておきます。

 ワイヤーの掃除と給油をします。やり方は(クラッチワイヤー給油)を参考にして下さい。

 終わったら元通り組んで終了です。

初回作成 2001/03/12
最終更新 2001/04/09