プラスドライバー


\7000

ダイヤフラム(4)
Oリング(4)



 キャブのダイヤフラムが劣化したり、損傷があるとピストンバルブが開かなくなり、エンジン不調の原因になります。
 バイクがまったくノーマルでアクセルをそこそこあけているときや全開付近の調子が著しく悪く、 なおかつ今までバイク屋まかせで一度もキャブをいじったことがなければジェットニードルの調整を疑ってみましょう。 ひどいと規定値をまったく無視したセッティングになってます。 もしチェックしてみてここが狂ってたらパイロットスクリューの調整も怪しいのでそちらも疑ってみることをお勧めします。 (キャブパイロットスクリュー調整)
 ここでは確実な作業のためキャブをおろしてますが、ダイヤフラムのトップキャップのネジは外部からでも外せそうな気もします。 できそうならばチャレンジしてみる価値はあると思います。キャブ外すのは面倒臭いですから。


 キャブを外します。(キャブはずし)


 キャブトップキャップのネジをプラスドライバーで外します。


 外すとダイヤフラムがあり、あともう一つ、エンジン負圧取り出し口のOリングがあります。 これはついでに交換してしまったほうがよいでしょう。 ダイヤフラムは薄いゴムの膜なので傷つけないよう丁寧に手前に引っ張って取り外します。


 外した部品です。左の部品の上の傘のようになってる部分がダイヤフラムで下の矢尻のような部分がピストンバルブです。 ダイヤフラムは薄い膜でできていてエンジンの負圧により連結されたピストンバルブを上下させてキャブへの空気の流量を調整します。  当然その膜に穴があいて空気が漏れたり、 膜が硬化してくるとエンジン負圧に対して反応が鈍くなりキャブに導かれる空気の流量が狂います。 ダイヤフラムをよく見て損傷があるようなら交換します。


 ダイヤフラムを逆さまにするとジェットニードルが抜けてきます。 この写真では右の先端部分にEリングがはまっていてジェットニードル側にはそれをはめるための溝が5つほってあります。 規定値はその真ん中なのでEリングの前後それぞれに2つずつの溝があるはずです。そうでなければ規定値を外してます。
 ちなみにEリングは工具を使わなくてもとぎれてる部分を平らなものに押し付ければ簡単に外れます。 それからこのEリングの位置を変えることでメイン系の混合比の調整ができます。 写真でみて左にいくほど濃くなり、右にいくほど薄くなります。ですが、お勧めはできません。 もしどうしても気になる位調子が悪ければ他の部分の不具合を疑うべきです。
 ジェットニードルをピストンバルブの中に戻すときは写真でみてプラリングの小さいほうをEリングより左側、 大きいほうを右側に取り付けます。

 以上、この作業を4気筒分やって組み付けて終了です。

初回作成 2000/09/20
最終更新 2001/07/15